車種紹介 2024年4月19日

ダイハツタフトの燃費性能は悪い?実燃費や燃費アップの方法を紹介。他の軽自動車との比較も

軽SUVのニューモデル、ダイハツ「タフト」。
アウトドアシーンで活躍する、遊び心溢れるデザインが特徴です。

この記事では、見た目だけでなく高い走行性能と乗り心地が魅力的な、軽SUVタフトの燃費性能について注目します!
ダイハツ タフトの購入を検討している方はぜひチェックしてみてください!

タフトの特徴

タフトの特徴

2020年にダイハツよりデビューした軽SUVのタフト。
軽自動車ながらも、SUVらしい数多くのアイテムを採用している車です。

カクカクして可愛いデザインとなっていますが高い最低地上高を活かし、悪路走行に適した走行性能を持っています。
また、タフトにはDNGAプラットフォームが採用され、操縦安定性や燃費の向上に貢献しています。

スカイフィールトップ
発売時のキャッチフレーズは『ジブン、オープン。青空SUV』となっており、他の軽自動車にはない天井に装備したスカイフィールトップ(ガラスルーフ)が特徴的です。
軽自動車のため限られた室内スペースですが、頭上の広い視界や大きな開放感を感じることでしょう。

荷室

後席はフルフラットに収納可能です。
また、後席背もたれのシートには汚れにくいシートバック加工された素材を採用しています。
簡単操作でシートアレンジが可能なうえ、大きな荷物の積み込みも問題なさそうです。

おすすめ車種紹介

新世代の軽SUVタフトの軽の森価格やおすすめポイントをご紹介!

タフトの燃費性能

ここからは、タフトの燃費性能をカタログ燃費と実燃費にわけてご紹介します。

カタログ燃費とは、低燃費で走ることができる環境で走行した時の燃費消費率であり、私たちが実際に走行したときに測定される実燃費と異なる傾向があります。
燃費が伸びやすい環境だけでなく、運転の仕方によっても燃費は変化するので、カタログ燃費は参考程度に見ておくことがおすすめです。

カタログ燃費

タフトは基本となる4つのグレードと、特別仕様車モデルの4つのグレード、合計8このグレード構成となっています。
まずはベースグレードを、2WDと4WDに分けて一覧にしてみました。

ベースグレード

グレード
(単位:km/L)

Gターボ G Xターボ X
WLTC 2WD 21.3 21.4 21.3 21.4
4WD 21.1 21.1 21.1 21.1
市街地 2WD 19.6 19.7 19.6 19.7
4WD 19.3 19.4 19.3 19.4
郊外 2WD 22.7 22.9 22.7 22.9
4WD 22.5 22.4 22.5 22.4
高速道路 2WD 21.2 21.3 21.2 21.3
4WD 21.1 21.1 21.1 21.1
JC08 2WD 25.5 25.7 25.5 25.7
4WD 24.2 24.1 24.2 24.1

参考資料:タフト

ターボ搭載車は、燃費はあまり良くないとされています。
しかし、タフトのターボエンジン・NAエンジン(ターボが付いていないエンジン)を比較してみると多少の違いはありますが、燃費性能に大差はなさそうです。

特別仕様車

グレード
(単位:km/L)
Gターボ
ダーク
クロム
ベンチャー
G
ダーク
クロム
ベンチャー
Gターボ
クロム
ベンチャー
G
クロム

ベンチャー
ベースグレード Gターボ G Gターボ G
WLTC 2WD 21.3 21.4 21.3 21.4
4WD 21.1 21.1 21.1 21.1
市街地 2WD 19.6 19.7 19.6 19.7
4WD 19.3 19.4 19.3 19.4
郊外 2WD 22.7 22.9 22.7 22.9
4WD 22.5 22.4 22.5 22.4
高速道路 2WD 21.2 21.3 21.2 21.3
4WD 21.1 21.1 21.1 21.1
JC08 2WD 25.5 25.7 25.5 25.7
4WD 24.2 24.1 24.2 24.1

参考資料:タフト

特別仕様車のクロムベンチャーは、ベースグレードが「G」もしくは「Gターボ」となります。
クロムベンチャーのカタログ燃費は、ベースグレードと全く同じ数値となっています。

実燃費

次に、タフトを実際に走らせた場合の燃費をご紹介します。
カタログ燃費とどの程度の違いがあるか、調べてみましょう。

グレード 駆動方式 カタログ燃費 平均実燃費

・G
・X

2WD 19.7km/L
~22.9km/L
17.93km/L
4WD 19.4km/L
~22.4km/L
16.14km/L
・Gターボ
・Xターボ
2WD 19.6km/L
~22.7km/L
18.91km/L
4WD 19.3km/L
~22.5km/L
17.21km/L

参考資料:e燃費

実燃費は、カタログ燃費のおよそ2~3割低い値が計測されると言われている中、タフトの実燃費は、カタログ燃費とかけ離れているようには思えません。
むしろ、許容範囲内の実燃費であるということがわかりました。

ターボ車や軽SUVは燃費が悪いという思い込みがある人もいるようですね。
しかし、街乗りであっても実燃費16km/Lをを超えるタフトの燃費性能は、優秀であると言えるでしょう。

タフトと他の車のカタログ燃費を比較

タフトの燃費性能をご紹介したところで、次に競合モデルとのカタログ燃費を比較します。

ここで比較する競合モデルは、スズキの『ハスラー』と『ジムニー』。
それぞれのカタログ燃費の他に、おすすめポイントをもご紹介します。

ハスラー

ハスラー

ハスラーとタフトでは、燃費性能はどれほどの差があるのでしょうか。
ターボエンジンとNAエンジン(ターボが付いていないエンジン)に分けて見てみましょう。

ターボエンジン

グレード 駆動方式 WLTCモード

タフト

・Gターボ
・Xターボ

2WD 21.3km/L
4WD 21.1km/L
ハスラー ・HYBRID Gターボ
・HYBRID Xターボ
2WD 22.6km/L
4WD 20.8km/L

★ポイント

★ターボエンジンの燃費性能は両車ほぼ変わりない
★力強い走りを求めるのであればターボがおすすめ

2WD車はハスラーのターボエンジンの方がカタログ燃費は勝りますが、4WD車になると多少ではありますがタフトの方が燃費消費率が良くなっています。

グレード名にもあるように、ハスラーはハイブリッドシステムを採用していることが特徴です。
一方のタフトには、ハイブリッドシステムは採用されていません。
しかし『TOPAZ(Top from A to Z)NEOエンジン』を採用することで、ハイパワーで低燃費なターボ車となっています。

NAエンジン

グレード 駆動方式 WLTCモード

タフト

・G
・X

2WD 21.4km/L
4WD 21.1km/L
ハスラー ・HYBRID G
・HYBRID X
2WD 25.0km/L
4WD 23.4km/L

★ポイント

★NAエンジンの燃費性能はハスラーが優秀
★普段使いにはハイブリッドシステムが大活躍

NAエンジンの燃費性能は、ハスラーに軍配が上がります。

減速時にエネルギーを充電し、その電力を加速時にモーターでアシストできる『マイルドハイブリッド』搭載車には敵わないようです。
カタログ燃費で25.0km/Lというハスラーの燃費消費率は、国産車すべての軽自動車を見てもTOP5に入る燃費の良さです。

スペック情報
駆動方式 2WD(4WD)
全長/全幅/全高 3,395/1,475/1,680 mm
室内寸法(長/幅/高) 2,215/1,330/1,270 mm
車両重量 810~890 kg
燃費消費率/WLTCモード 20.8~25.0 km/L
最小回転半径 4.6 M
新車参考価格 1,365,100円~

ジムニー

ジムニー

軽自動車の本格派SUVというと、真っ先にジムニ―を思い浮かべるのではないでしょうか。
「SUV」という点では共通していますが、燃費性能はどのような違いがあるのか調べてみました。

ジムニ―にはNAエンジンや2WD車の設定がないため、タフトのターボエンジン4WD車と比較してみます。

グレード トランスミッション WLTCモード

タフト

・Gターボ
・Xターボ

AT 21.1km/L
ジムニ― ・XC
・XL
・XG
5MT 16.6km/L
4AT 14.3km/L

★ポイント

★悪路走行に最適な軽自動車
★燃費性能にこだわらない人におすすめ

タフトとジムニ―では、圧倒的にタフトの燃費性能が良いということがわかります。

ジムニ―は頑丈で剛性の高いラダーフレームを装備し、パートタイム4WDを採用しています。
このことにより、ぬかるみや滑りやすい路面等で前輪もしくは後輪のどちらかが空回りしても、脱出できる駆動力を確保しています。

さらに最低地上高は205mmと、タフトの190mmを大きく上回っています。
厳しい路面状況でも障害物に接触しにくいスタイルを持ち、耐久性と高い走破性が追及されています。

ジムニ―の燃費性能はタフトより劣ってしまいますが、走破性は抜群であり逞しい軽SUVだと言えます。

スペック情報
駆動方式 パートタイム4WD
全長/全幅/全高 3,395/1,475/1,725 mm
室内寸法(長/幅/高) 1,795/1,300/1,200 mm
車両重量 1,040~1,050 kg
燃費消費率/WLTCモード 14.3~16.6 km/L
最小回転半径 4.8 M
新車参考価格

1,555,400円~

 

タフトの燃費が悪いと言われる原因

タフトの燃費が悪いと言われるのはなぜか・・・。
ここからはその原因を2つご紹介します。

環境や乗り方に左右される

タフトは、使用環境や運転方法で燃費消費率が左右されやすいと言われています。

例えば、暑い季節には、乗車時に必ずエアコンを付けます。
エアコンを付け続けると燃費にも影響し、エコな運転を心がけていても燃費は向上しません。

そのほかにも、高速道路等ブレーキを頻繁に使用しない運転であると、低燃費な走りができる傾向があります。
近距離ばかりの街乗りしている車よりも、燃費は伸びやすいでしょう。

グレードによる違いは?

タフトの場合、ターボエンジンであってもNAエンジンであっても、燃費性能はほぼ変わりません。
ですので、タフトのターボグレードを選んだからと言って「燃費が悪い」と思い込むことは間違いです!

しかし、ターボが搭載しているとパワーが増加する分、燃費性能が低下する傾向があることも事実です。
タフトはダイハツが開発したエンジン『TOPAZ(Top from A to Z)NEO』により、パワーと燃費を両立させています。

タフトの燃費を向上させる方法はある?

タフトの燃費を最大限向上させるには、3つの方法があります。

■急発進・急加速を避ける
■アイドリングをしない
■タイヤの空気圧を適正値に保つ

「エコ運転」ということばを聞いたことはありませんか?
燃費の良い環境に優しいドライブを行うには、まずアイドリングをしないよう心がけましょう。
アイドリングしている車はスーパーやコンビニの駐車スペースで多く見受けられますが、これが燃費にも影響しているのです。
急発進や急加速を避けることも大切です。
アクセルの踏み込みすぎは危険も伴うため、注意が必要です。

また、乗車する車のメンテナンスも重要です。
定期的にメンテナンスを行っていれば問題ありませんが、車検まで何も手を加えていないなんてことがあれば、2年ほど点検をしていない車ということになります。
点検を怠ると、その車の持っている燃費性能を十分に発揮できない恐れがあります。
特にタイヤの空気圧は、適正に保たなければなりません。
燃費が伸びないだけでなく、最悪の場合、エンジンがかからなくなることもあるので定期的なメンテナンスは必須です。

特別仕様車“クロムベンチャー”がおすすめ!

特別仕様車“クロムベンチャー”がおすすめ!

画像引用:タフト クロムベンチャー

タフトの特別仕様車となるクロムベンチャー。
『ダーククロムベンチャー』『クロムベンチャー』それぞれの特別装備をまとめてみました。

ダーククロムベンチャー

*フードガーニッシュ:ダークブラックメッキ
*ガンメタリックアンダーガーニッシュ:フロント
*バックドアガーニッシュ:ダークブラックメッキ
*ガンメタリックアンダーガーニッシュ:リヤ
*ドアアウターハンドル:ブラックマイカメタリック塗装
*カラードドアミラー:ブラックマイカメタリック塗装

*15インチアルミホイール:ガンメタリック塗装
*エアコンレジスターパネル:ダークシルバー加飾
*インパネセンターシフトベゼル:ダークシルバー加飾
*メーターパネル:ダークシルバー加飾
*フロントセパレートシート:シルバーステッチ

クロムベンチャー

*フードガーニッシュ:メッキ
*シルバーアンダーガーニッシュ:フロント
*バックドアガーニッシュ:メッキ
*シルバーアンダーガーニッシュ:リヤ
*ドアアウターハンドル:メッキ

*15インチアルミホイール:シルバー塗装
*エアコンレジスターパネル:ダークシルバー加飾
*インパネセンターシフトベゼル:ダークシルバー加飾
*メーターパネル:ダークシルバー加飾
*フロントセパレートシート:シルバーステッチ

ダーククロムベンチャーは黒やガンメタリックを、クロムベンチャーはシルバーをメインに追加装備されています。

もちろんベースグレードと同じく運転支援機能は充実しており、スマートアシストは標準装備です。
燃費性能もベースグレードと変わりありません。

車両価格は約150万円からと決して低価格ではありませんが、よりタフな印象を持つタフトの特別仕様車で、パワフルかつ燃費の良い走りを体感しましょう。

参考資料:タフト クロムベンチャー

ダイハツタフトの購入は新車? それとも中古車?

ここからは、タフトを新車で購入すべきか、中古車で購入すべきか迷っている人必見です。

新車には良い点だけでなく、悪い点もあります。
反対に、中古車には悪い点だけでなく、もちろん良い点もあります。
それぞれのメリット・デメリットを把握した後に、購入へと進みましょう。

新車のメリット

新品であるからこその満足感

自分の為だけにつくられた車だからこそ、大切に乗り続けようという気持ちになりますね。

また、「新車買ったの?!」と周りの人に言われると、気分もあがりますね。
この満足感を味わえるのは、新車ならではです。

メーカーオプションが付けれる

自分の思い通りのオプションを選択できることも、新車の特権です。

生産時の工程で組み込まれるパーツは、中古車に付けることはできません。
多くのメーカーオプションを付けたい場合は、新車がおすすめです。

新車のデメリット

納車までに日数がかかる

新車は車種やグレード、カラーによって納期が大きく変わってきます。
比較的、人気がある車は早く納車できるようです。
しかし、ここで言う「早く」はどんなに早くてもおよそ1か月はかかります。

また、自動車に欠かせない半導体の不足により、納期にも大きく影響しています。
早く納車したい場合は、新車ではなく届出済未使用車を検討してみてもいいでしょう。

価格面では中古車に敵わない

「新車だから高くても仕方ない」と割り切って考える人も多くいるはず。
自分の予算に合った車を購入することも大切です。

欲しい新車が予算オーバーしてしまう場合、届出済未使用車を扱うお店へ行ってみることも、予算を抑える一つの手です。

中古車のメリット

価格は中古車最大のメリット

少しでも価格を抑えたい場合は、まず中古車を検討してみましょう。

中古車の相場を把握してから、販売店へ行くことがポイントです。
「安さ」ばかり重視していては危険です。
安すぎる車には、安い理由があるということを理解しておく必要があります。

納車までの日数が短い

乗り換えの車の車検が近づいている等、納期に期限がある場合は速やかに納車できる中古車がおすすめです。
中古車はお店にある在庫の中から車を選ぶことになるので、新車のように納期が数か月先ということはなさそうです。

選択肢が豊富

中古車は、生産が終了したモデルを購入することができます。
旧型モデルとなるため、新車では購入することはできません。

また、初めからオプション等装備した状態で中古車は販売しているので、カーナビやETCなどのメーカーを選ぶ手間も省けます。

中古車のデメリット

在庫がなければ購入できない

新車とは異なり、中古車は一から製造する車ではありません。
既に出来上がっている車を購入することになるので、販売店に在庫がないと購入することができないのです。

欲しい中古車を見つけても、翌日には売却済みになっていることもあります。
目星の車を見つけた場合、キープしておくことができるか販売店へ確認しましょう。
迷っている間に他の人に買われないよう、早めの購入がおすすめです。

車の状態にバラつきがある

中古車は、見た目ですべての状態を判断することはできません。
見た目が綺麗であっても、中身はボロボロ…というケースもあり得ます。
特に車の内部は多くの消耗品を使用しているため、点検や整備を行っているのかの確認は必須です。

ここで注意しておくポイントは、走行距離を把握し、エンジンを付けてみて異音がしないかどうか見ておきましょう。

お得に自動車が手に入る届出済未使用車とは?

「新車は予算を超えてしまう、でも中古車は使用感があって嫌」と、思っている人も多いのではないでしょうか。

そこで次にご紹介するのが新車よりも安く、中古車のように使用感がない『届出済未使用車』です。
ディーラーや自動車販売店は目標達成のために、特に決算期になると自社名義の新車登録を行います。
こうして新車登録はされているけれど、誰も使用していない未使用の状態の車(=届出済未使用車)が生まれます。

新車や中古車と同じく、届出済未使用車にもメリット・デメリットがあります。
それぞれ理解したうえで、購入へと進みましょう。

届出済未使用車のメリット

新品同様なのに低価格

届出済未使用車の最大のメリットとなる『車両価格』。
新品と変わりない状態であるにもかかわらず、一度名義登録をしているというだけで新車よりも低価格で提供されています。

予算は抑えたいが、中古車に抵抗がある人にもおすすめできます。

早く納車できる

届出済未使用車は、中古車と同じく在庫がある状態で購入します。
ですので、新車のように何か月も待つ必要はありません。

また、届出済未使用車は比較的新しい車ですので、大掛かりな部品交換やメンテナンス等、納車前に時間を使うこともありませんね。

届出済未使用車のデメリット

メーカーオプションは不可

届出済未使用車も中古車と同じく、生産時に取り付けるようなオプションを選択することができません。
例えば、内装色やフォグランプ等、注文後には訂正できないオプションとなります。

メーカーオプションにこだわるのであれば、オプションが装備した状態の届出済未使用車を探す必要があります。

在庫が無いと購入できない

届出済未使用車は、お店にある在庫の中から選びます。
ですので、在庫がお店に無いと届出済未使用車は購入することができません。

ネットで在庫状況を確認してからお店へ出向くこともいいでしょう。
欲しい車を見つけた場合、迷っている間に売却済みになってしまわないよう、速やかに購入の手続きを行うことがおすすめです。

おすすめの関連記事

新古車との違いや買う時の注意点について

ダイハツタフトをお探しの方は軽の森へご相談ください!

タフトは見た目がSUVテイストなだけでなく、ハスラーにも負けない遊び心ある個性的な内装も特徴的です。

また、燃費があまり良くないと言われているタフトですが、運転の仕方や定期的なメンテナンスを行うことで、燃費は向上するはずです。
ターボの有無でも燃費性能は多少変わってくるので、購入前にはタフトの用途を考え、グレード選びをすることがポイントです。

タフト以外にも、軽自動車についてご相談やお困りごとがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

おすすめの関連記事

使い方別のおすすめもご紹介

 

軽の森

総在庫800台
タイプ別!

南大阪を中心に軽の森4店舗展開!
各店へのお問合せはこちらから

 

出典
この記事を書いた人
営業
森田龍太朗
Ryutaro Morita
ヨシダオートサービスに入社して7年目。整備士を経て現在は営業や仕入れの業務をしています。 ブログ記事を通して自動車販売店独自の目線でお客様にお得でタメになる情報をお届けしていきます。 資格としては自動車整備学校にて二級自動車整備士を取得しております。
人気の記事