Loading...

Now Loading...

車種紹介 2022.06.30

【2022年最新】人気の軽自動車SUV特集!魅力やメリットデメリットを徹底解説

今回は普段使いもアウトドア・レジャー使いもできる、デザインが豊富に揃う軽SUV車特集です。

人気の理由やお勧めポイントもあわせてご紹介しておりますので、是非お車選びのご参考にしてください。

SUVとは?軽自動車SUVの魅力

SUVとは、スポーツ・ユーティリティー・ビークル(Sport Utility Vehicle)の略で『スポーツ用途の多目的車』を意味します。

タフな環境に優れ、パワフル。
ですが最近では、普段使いもできるスタイリッシュなモデルも増えています。

そのため、街中で軽SUVを運転する女性の方を多く見るようになりました。
サイズは軽自動車の規格に従いながら、パワーや走行性能を重視する工夫がされています。

軽自動車SUVならではの魅力

SUVと軽乗用車SUVを比較すると、軽乗用車SUVならではの魅力が見えてきます。

  • 燃費が良い
  • 小回りが利き運転がしやすい
  • 低価格

燃費が良い

軽自動車SUV 低燃費

車高が高く、空気抵抗を受けやすい点や走行機能が長けている分車体が重くなってしまう点など、ボディタイプ別に比べると燃費の面では欠点となってしまうことの多いSUVですが軽自動車SUVであればそこまで大きな差は感じないのが魅力です。

普通車と軽自動車の平均燃費を算出してみると以下のような違いがあります。

SUV 軽自動車SUV
15.5km/L 22.4km/L

SUVに乗りたいけれど、低燃費のお車をお探しの方にもおすすめですよ。

小回りが利き運転がしやすい

軽自動車SUV 小回りが利く

SUV車はゴツゴツとしたデザインが特徴ですが、その骨太なデザインが故に運転がしにくいと感じられることもあります。

軽自動車SUVはコンパクトなサイズ感を活かした運転のしやすさが大きなポイント。
運転技術に自信のない方や、免許を取りたての初心者の方にもおすすめ出来る軽自動車SUVならではの魅力です。

低価格

軽自動車SUV 車両価格

各メーカーから様々なSUV車が販売されていますが、機能が充実していることなどから車体価格も比較的高額となっていますよね。

普通車のエントリーグレードの価格分のお金があれば、軽自動車SUVならハイグレードの車両を購入することも可能でしょう。

軽自動車SUVがキャンプやレジャーに向いている理由

軽自動車SUVがキャンプやレジャーに向いている理由はもちろんSUVのそもそもの「スポーツ用途の多目的車」であることでしょう。

セダンなど街乗りをメインに造られた都会的な車とは異なり、砂利道や山道など険しい道のりでも走り抜けられる走行性能や、アウトドアシーンを想定した積載量の大きいラゲージスペースなどクルマ造りの時点からアウトドア向けに設計されているからです。

クロスオーバーSUVとクロスカントリーSUVの違い

トヨタ ランドクルーザーやスズキ ジムニーのようなラダーフレームを採用した頑丈なボディが特徴のクロスカントリーSUV。
険しい道のりも難なく突破する高い走行性能を持ち、市街地を走ることよりも山道を走ることを目的につくられたオフロード向きのクルマを指します。

一方でクロスオーバーSUVはホンダCH-Rやトヨタ ヤリスクロスなど、モノコックボディを採用した車体重量の軽さが特徴です。燃費性能にも貢献する街乗りメインのオンロード向きのクルマを指しておりデザイン重視の方にも人気があります。

軽自動車SUV 軽の森在庫確認

軽自動車SUVのメリット&デメリット

メリット
  • 高い走行性能
  • 維持費が安い
  • 大きな室内空間
デメリット
  • 立体駐車場には注意
  • 普通の軽自動車に比べ車両価格が高い

軽SUV車のメリット

室内空間が広く荷物の多いアウトドアシーンにも適していることや、悪路でも突破する走行性能の高さがSUV車のメリットです。

メリット①高い走行性能

軽自動車SUV 見晴らし

「軽自動車だから・・・」とパワーが弱いと思っていませんか?

しかしSUV軽自動車は普通車にも匹敵する運動能力を持っています。雨や雪などで滑りやすくなった路面での走行に優れており、また運転席のヒップポイントが高いため、見晴らしがよくなりました。

高い運動能力を一度体感してみてください!

メリット②維持費が安い

SUVとはいえ排気量660cc以下の軽自動車。

毎年かかる自動車税や車検時にかかる費用も大きく異なり、普通車に比べると格段にお得で新車で購入した場合、初回車検までの期間(購入後3年間)にかかる維持費は平均で普通車で100万円・軽自動車80万円程度と言われています。
そして車を動かすために必要不可欠なガソリン代にももちろん差が出てきます。

軽自動車SUVであれば4WD車であっても比較的燃費が良く、長距離の運転もより楽しめますね。

<ハスラーのカタログ燃費(WLTCモード)>

2WD車 4WD車
22.6~25.0km/L 20.8~23.4km/L
関連記事
軽自動車の維持費についてくわしくはコチラをご覧ください。
軽自動車の維持費は年間いくらになる?記事リンク

メリット③大きな室内空間

軽自動車 車内空間

見た目はコンパクトですが、多用途に使用できるつくりになっています。

シートアレンジで後席をまるまる荷室にし、ウィンタースポーツやアウトドアなどで使う大きな荷物もたくさん収納できます。

多彩なシートアレンジにより広々とした空間を確保することが出来るので、車中泊とも相性がよく快適に過ごせます。車中泊がブームとなっている近年では純正のアウトドア向けアクセサリーも豊富につくられているので、自分好みにカスタムする楽しさも味わえますね。

軽自動車とはいえ、室内は普通車SUVにも匹敵する広さがあり、立派なSUVといえるでしょう。

軽SUV車のデメリット

車両価格の高さや車高の高さがデメリットとしてあげられます。

デメリット①立体駐車場には注意

見晴らしがよく運転しやすくなったSUV軽自動車ですが、デメリットもあります。

立体駐車場や小規模な高架をくぐる際には、車高に注意が必要です。

軽自動車SUVの平均車高でおおよそ173㎜。ショッピングモールなどの立体駐車場の一般的な高さは2mを超えているところが大半なので、普段はそこまで心配要りませんが、昔からある機械式立体駐車場などは高さ制限が155mmなんてところもあります。

また、アウトドア仕様のためオプションなどで屋根の上に荷物を載せられるようにしている際は、特に注意が必要です。

車高の高さは覚えておいたほうがいいですね♪

デメリット②
他の軽自動車と比べると価格が高い

最近は快適装備も安全装備も様々な面で優れた機能を発揮しますが、昔と比べて軽自動車自体の車両価格が、年々上昇している傾向にあります。

その中でも、SUV軽自動車は高級車の部類に入るほど高額になってきています。

しかし、ただただ高額なだけではありません!

耐久性が高く故障のリスクを抑え、車の寿命は長くなりました。
車の買い替え間隔が長くなればコスパも高くなりますね。

軽自動車SUV 軽の森在庫確認

軽自動車SUVがおすすめな人・おすすめしない人

軽自動車SUVがおすすめな人
  • 運転の技術面で不安な方
  • セカンドカー目的の方
  • 個性的なデザインが好みな方
軽自動車SUVがおすすめではない人
  • 普段から乗車人数が多い方
  • 走行性能などこだわりたい方

軽自動車SUVがおすすめな人

軽自動車SUVを好まれる方はデザイン性重視の方も多く、若い女性にも人気が高い傾向にあります。

運転の技術面で不安な方

SUVはボディタイプ別で見ると、コンパクトカーなどに比べ運転がしにくいと感じられる方が多いです。

その原因に車体のゴツさがあげられ、車体まわりの死角が他のタイプにくらべ広くなってしまい「見晴らしはいいが近くが見にくい」という結果になってしまいます。

軽自動車SUVであれば、この点をカバーしているので運転にまだ不慣れな方でも安心して乗ることが出来ます。

セカンドカー目的の方

メインとして使う車が他にあるのなら、ソロキャンプやレジャーへのお出かけ目的に最適な軽自動車SUVがおすすめです。

SUV車は機能性も高く、人気の高いジャンルである為価格の面でも高価な車種が多く並びます。

維持費など考慮すると安く抑えられる軽自動車のSUVがいいですね。

個性的なデザインが好みな方

アウトドアシーンでの利用を目的としたSUVだからこそ、アクティブなデザインの車種が多いのも特徴です。

軽自動車SUVであれば、男性ウケの良さそうな無骨なデザインのお車からポップなデザインで女性人気の高いデザインまで幅広く選択肢も豊富です。

軽自動車SUVが
おすすめではない人

軽自動車にはサイズや搭載エンジンに規定がある為、それ以上の広さやパワーを求めるのであれば軽自動車SUVではなく普通車のSUVが適しています。

普段から乗車人数が多い方

いくら広い軽自動車でも乗車定員フルで大荷物!となると窮屈さは否めません。

たまにの頻度でなら気にする程度ではありませんが、家族みんなでキャンプに行くのが趣味な方など普段から乗車定員が多い場合には普通車のSUVの方がゆとりがあります。

走行性能などこだわりたい方

軽自動車SUVでも走行性能は上がってきていて、長距離の運転でも難なく走行可能な車種が増えてきてはいますが、軽自動車である以上エンジンの排気量の規定がある為限界があるのが正直なところ。

加速力や突破力などを特に重視されていある方には普通車のSUVの方が適しているかもしれません。

人気の軽自動車SUV5選

世界的にも人気の高いSUV。そんなSUVの良さを取り入れつつ、細い道の多い日本でも安心して運転が出来る使い勝手の良い軽自動車SUVは全体で見ても販売台数を伸ばし続けています。

国内軽自動車SUVの中でも特に最新のモデルは「スズキ ハスラー」の新型でしょう。
これまで以上にカラーラインナップも増え、更に人気が高まりそうな予感ですね。

新型バスラー

軽の森でも人気の高いSUV軽自動車をご紹介します。

スズキ ハスラー
スズキ ジムニー
ダイハツ タフト
スズキ スペーシアギア
ダイハツ ウェイク

スズキ/ハスラー

ハスラーの外観

中性的なデザインで性別問わず人気の高いハスラー。豊富なカラーラインナップで自分好みが見つかるでしょう。
燃費性能に長けているので、長距離のドライブも楽しめます。

ハスラー スペック情報(HYBRID X の場合)
 全長/全幅/全高  3,395/1,475/1,680 mm
 室内寸法(全長/全幅/全高)  2,215/1,330/1,270 mm
 最低地上高  180mm
 車両重量  820kg
 燃費性能  WLTCモード 25.0km/L
 燃料タンク容量  27L
 メーカー小売希望価格  1,518,000円
 軽の森相場  1,348,000円~
ハスラー 軽の森 カタログページ
人気の理由 ・ポップで豊富なカラーバリエーション
・全車ハイブリッドシステム搭載の低燃費

軽SUVに革新をもたらしたハスラーは2020年1月にフルモデルチェンジを発表し、デザイン/安全性能/走行性能と進化をさせました。

デザイン性に限らず、走行性能・車内空間にも特化しています。
グレードによっては簡易防水加工もされており、後部座席を倒せば釣り竿も収納できるほどの広さがあります。
SUVというとオフロードを走るというイメージがありますが、ハスラーは乗り心地も快適になった点が評価されています。

最近では街でハスラーを乗っている女性の方も、多くるようになりました。
「オフロードやアウトドアでも使用したいし、日常でも走りたい」という人にオススメです。

軽いオフロードなら
余裕の走行性能

ハスラー アルミホイール

車高をリフトアップして最低地上高を高くしているので、冬山や砂地でも安定した走りを見せることができます。

また、ターボエンジン搭載グレードもある為、加速時の力強さも申し分ありません。

普通車からのお乗り換えで、走りに不安のある方にもおすすめですよ。

燃費性能の高さ

ハスラー ハンドル

ハスラーの燃費はノンターボの2WD車であればWLTCモードで25.0km/Lと高い燃費性能をもち、低燃費重視でお車をお探しの方にもおすすめ出来る1台です。

お財布にも優しいので、遠方へのお出かけが多くなっても安心ですね。

関連動画はコチラ/

セカンドカー 記事リンク

▷軽の森のハスラー在庫ページを見る

スズキ/ジムニー

ジムニー外観

ラダーフレーム採用の本格派SUV軽自動車。カスタムパーツが豊富で、リセールバリューの高い点もおすすめポイントです。

ジムニー スペック情報(XC の場合)
 全長/全幅/全高  3,395/1,475/1,725 mm
 室内寸法(全長/全幅/全高)  1,795/1,300/1,200 mm
 最低地上高  205mm
 車両重量  1,030kg
 燃費性能  WLTCモード 16.2km/L
 燃料タンク容量  40L
 メーカー小売希望価格  1,776,500円
ジムニー 軽の森在庫確認
人気の理由 ・頼もしい突破力を持ったオフロード向きSUV車
・リセールバリューが高く値崩れしにくい

2018年に20年ぶりのフルモデルチェンジをした、本格派軽SUVのジムニー。

走破性能はさらにアップし、これまでのジムニーユーザーの期待を裏切りません。
本格的なオフロードを走るのであればジムニーがおすすめです。

ほかの軽自動車と比べて車高が高く、乗り降りが多少しにくくなっています。

しかしこれも岩道や道なき道を走るため、200mmを超える地上高を確保しているのです。

街乗り向きではないため、燃費はよくないですが”アウトドア用に作られた証拠だ”と割りきりましょう。

無骨なデザイン

ジムニー 右斜め後ろ

ゴツゴツとしたいかにもSUVらしさの感じられるデザインもジムニーの人気の理由でしょう。

ガラス面を立ててサイドに雪が溜まりにくく設計されているスクエアボディや、整備がしやすいように造られた台形のホイールアーチなどそれぞれに意味の込められたクルマであることが分かります。

純正オプションが豊富

ジムニー カスタム

ジムニーは純正のオプションが豊富にあるので、オリジナリティを高められる点も人気の理由のひとつでしょう。

ラゲージスペースに取り付けるリヤゲートネットや荷室フックなどジムニーをより使いやすく便利にしてくれるアクセサリーから、ボディに貼るステッカーやオシャレなシートカバーなど見た目を変えてくれるアクセサリーまで

オートマ車とミッション車がありますが、オートマ車は扱いやすいのと同時に力強い走りも体感できるため、初めてジムニーを運転する人も安心です。

ダイハツ/タフト

タフト外観

大判のスカイフィールトップが標準装備となっているタフト。
高い安全性能や、見晴らしが良く運転がしやすい点もおすすめポイントです。

タフト スペック情報(G の場合)
 全長/全幅/全高  3,395/1,475/1,630 mm
 室内寸法(全長/全幅/全高)  2,050/1,305/1,270 mm
 最低地上高  190mm
 車両重量  830kg
 燃費性能  WLTCモード 25.7km/L
 燃料タンク容量  30L
 メーカー小売希望価格  1,485,000円
 軽の森相場  1,398,000円~
タフト 軽の森 カタログページ
人気の理由 ・ダイハツ先進の安全機能搭載
・手入れのしやすい素材でアウトドア向け

ハスラーと並んでバランスが良く開発されたのが、ダイハツのタフト。可愛らしさも感じられる曲線的なハスラーとは対照的なカクカク・ゴツゴツとした男らしいデザインが特徴です。

アウトドアはもちろん、先進安全装備もついているため人が多い街中での運転も安心安全。

そして快適で運転しやすい空間を満喫できるように、運転席上部辺りが大きなサンルーフになっています。

圧倒的な開放感を体感するだけでなく、頭上の見晴らしの良い視界にも貢献します。

安全機能「スマアシ」搭載

タフト インパネまわり

タフトにはステレオカメラが搭載されているので、ダイハツの安全運転支援システム「スマアシ」も最新のもの。

車線変更時など確認のしにくい斜め後ろを走る車両の存在を知らせてくれるブラインドスポットモニターの搭載や、衝突被害軽減ブレーキは車両・歩行者に加えに二輪車・自転車も対象になります。

もしもに備えた安全機能の高さもタフトの人気の理由だと考えられます。

シートアレンジも自在

タフト シートアレンジ

アクティブに使うことを重視した後席なので、長さのあるものやかさばる大きな荷物も積み込むことが可能です。

後席を折りたたむと、そのフラットさはダイハツの軽乗用車の中でナンバーワンといっていいほど。
タフトがあればレジャーへ出かける際も、街中へのお出かけも快適に運転できますね。

関連動画はコチラ/

▷軽の森のタフト在庫ページを見る

スズキ/スペーシアギア

スペーシアギア外観

SUVテイストのデザインにスペーシア譲りのスライドドアを搭載した利便性の高さがおすすめポイント。
アクティブな家族に人気のSUV軽自動車です。

スペーシアギア スペック情報(HYBRID XZ の場合)
 全長/全幅/全高  3,395/1,475/1,800 mm
 室内寸法(全長/全幅/全高)  2,155/1,345/1,410 mm
 最低地上高  150mm
 車両重量  880kg
 燃費性能  WLTCモード 28.2km/L
 燃料タンク容量  27L
 メーカー小売希望価格  1,687,400円
 軽の森相場  1,548,000円~
スペーシアギア 軽の森 カタログページ
人気の理由 ・両側電動スライドドアが標準装備
・防水シート採用でしっかりアウトドア仕様

軽ハイトワゴンのスペーシアからSUVデザインのスペーシアギアが2018年に登場。
多彩なシートアレンジは車中泊もできる、レジャー目的の人にオススメなのがスペーシアギアです。

舗装された道や公道を走る分には、乗り心地が良く高く評価されています。ギア感あふれる斬新なデザインも高評価です。
よりアクティブに軽自動車を楽しみたいユーザー向けに、販売されたモデルといえます。

またハイブリッドモデルも用意されているため、人と被らないスタイルの軽自動車に乗りたい人や、普段の燃費も抑えたいという人にも使いやすい1台です。

両側パワースライドドア

スペーシアギア スライドドア

SUV車を希望すると、ボディタイプの都合上諦めなくてはならないのがスライドドアですよね。

スライドドアも捨てきれないという方にピッタリなのがスペーシアギアでしょう。

グレードは2種類ありますが、どちらも標準装備で電動式のスライドドアが装備されているのでお子さんのいるご家庭にもおすすめです。

全席防水シート採用

スペーシアギア シート 

アウトドアシーンに汚れは付き物ですよね。
スペーシアギアは全席防水シートが採用されているので、釣りやマリンスポーツをはじめ、泥んこになって遊んだ後も車内でのお着換えもへっちゃらです。

車内を汚してしまっても濡らしたタオルで拭くことが出来るので、車内の掃除もラクに行えます。

関連動画はコチラ/

▷軽の森のスペーシアギア在庫ページを見る

ダイハツ/ウェイク

ウェイク外観

軽自動車とは思えないような車内空間の広さが特徴。
車内の広さ重視のファミリーカーとしてや、キャンプなど荷物の多い趣味に活用するにもおすすめのSUV軽自動車です。

ウェイク スペック情報(GターボリミテッドSAⅢ の場合)
 全長/全幅/全高  3,395/1,475/1,835 mm
 室内寸法(全長/全幅/全高)  2,215/1,345/1,455 mm
 最低地上高  140mm
 車両重量  1,020kg
 燃費性能  WLTCモード 16.9km/L
 燃料タンク容量  36L
 メーカー小売希望価格  1,749,000円
 軽の森相場  1,598,000円~
軽の森 ウェイク 在庫確認
人気の理由 ・頭まわりのゆとりで軽とは思えない広さ
・優れた積載能力で趣味にも活用しやすい

“ドデカクつかおう”でおなじみのウェイク。

想像以上の広い車内と使い勝手の良さに驚きを隠せません!

高さ&広さ重視で検討されている方にオススメです。

悪路走破性能はそこまで高くないので、ゴツゴツした道を走るのは苦手ですが、その分子どもでも乗り降りがしやすく、日常利用に便利な仕様となっています。

ダイハツの先進安全装備もついているので安心ですね。
アウトドア派の人が乗るイメージがあるかもしれませんが、この広さは子育て世代のユーザー向けでもあります。

大容量のラゲージスペース

ウェイク アンダートランク

ウェイクには「アンダートランク」と呼ばれる荷室の床下スペースがあり、約90Lもの容量があります。

トランクやクーラーはもちろん、自転車やベビーカーもそのまま収納できてしまう大きさが特徴です。
運転席・助手席を倒せば全面がフラットモードに変形するので、車内での着替えや車中泊にはもってこいですね。

高い収納力があり、ユーザーニーズに合ったオプションや装備が充実しているのもポイントです。

撥水加工シートで汚れ知らず

ウェイク 後列シート

シート表皮は全席撥水加工が施されていることや、後列シートの荷室側は防水仕様となっている点もアウトドアシーンでは重宝することでしょう。

お子さんがうっかりこぼしてしまったジュースも、沢山遊んで泥だらけになった遊具もウェイクなら心配いりません。

軽自動車SUVを造っているメーカーについて

人気のボディタイプということもあり、国内メーカーでも数多くの軽自動車SUVが販売されていますね。

軽自動車SUVをつくっている主なメーカーは次の3つ。

  • スズキ
  • ダイハツ
  • 三菱

スズキ

スズキ ジムニー

画像引用:ジムニー

スズキの軽自動車SUVにはジムニーやハスラー、スペーシアギア等があげられます。

中でもジムニーは歴史が長く、スズキの名車でもありますね。ラダーフレームを採用した本格派の軽SUVで傾斜の強い山道でもグングンと突き進むパワフルな一面を持ちます。

そんなジムニーの新型は5MT車にアイドリングストップが標準装備され、さらに燃費向上に努めています。

ダイハツ

ダイハツ ロッキー

画像引用:ロッキー

小さなクルマ造りを得意とするダイハツからはロッキーやタフトが販売されています。

無骨ないかにもSUVといった男性受けの良いカッコいいデザインが人気で、ダイハツらしい沢山の魅力を詰め込んでいるのが特徴です。

コンパクトSUVのジャンルの属するロッキーのハイブリッドシステム搭載車がダイハツの新型情報となります。

三菱

三菱 ekクロスev

画像引用:ekクロスev

アウトランダーやエクリプスクロスなど、SUVの製造を得意とする三菱からはekクロスが有名ですが、新型情報は2022年6月から販売が開始されたばかりの軽自動車で初となる電気自動車「ekクロス ev」です。

受注想定を上回る好調な売れ行きとなっているようですよ。

ホンダ・スバル・日産が軽自動車SUVを造らない理由

国内自動車メーカーとして有名な3メーカーですが、現時点では軽自動車SUVを販売していません。

人気も高い3メーカーですが、軽自動車SUVを造らないのは普通車のSUVが充実している為あえて軽自動車SUVを造る必要が無い。といったところでしょうか。

メーカー SUV車
ホンダ ヴェゼル・CH-R etc
スバル フォレスター・XV etc
日産 エクストレイル・キックス etc

上記のように売れ筋のSUV車を既に抱えているため、新たな製造ラインの増築など生産コストをかけてまで生み出す必要がないといった判断だと考えられますね。

軽自動車SUVを買う時のポイントと注意点

クロスカントリー
  • 突破力のある走行性能を重視
  • 最低地上高は高め
  • シートアレンジが利くかどうか
クロスオーバー
  • 走行性能よりも燃費性能を重視
  • 最低地上高は低め
  • 車内空間の広さを要チェック

オフロード向きかオンロード向きかが大きなポイント

SUV軽自動車を選ぶときは、どのような用途で使用するのか考えてみてください。

舗装されていない道路や、公道ではない脇道を走ることがありますか?

同じSUVであってもクロスカントリーSUVにするか、クロスオーバーSUVにするかが大きな分岐点となります。

クロスカントリーを選ぶ時のポイント

山道や砂利道での走行が想定される場合には、パワフルなクロスカントリーが向いているでしょう。

突破力のある走行性能を重視

SUV車の醍醐味でもある悪路での突破力はアウトドアやレジャーシーンでは外せないポイントです。

最低地上高は高め

最低地上高が低すぎると、大きな石や雪が積もっている場面でも走行することが可能です。

シートアレンジが利くかどうか

アウトドアに使用すると荷物も多くなるはずです。シートアレンジが多彩であると荷物に応じた形式にすることが出来るので便利ですよ。

クロスオーバーを選ぶ時のポイント

街乗りメインなら走行性能よりも燃費性能や利便性を考慮するのがポイントです。

走行性能よりも燃費性能を重視

クロスオーバーといえどSUV。走行性能は比較的高く造られているので、街乗りメインならそこまで突破力にこだわらなくても十分力を発揮してくれます。

走行性能を重視すると燃費が悪くなってしまう為、普段使いなら燃費性能を重視するといいでしょう。

最低地上高は低め

オフロードシーンではデメリットとなってしまう低床設計も普段使いなら乗り降りのしやすいメリットとなります。

車内空間の広さを要チェック

車内空間の広さを重視してつくられているのも、クロスオーバーの特徴です。街乗りメインなら快適性を重視することが、長く満足して車に乗り続けられるポイントです。

軽自動車SUV 軽の森在庫確認

大阪で軽自動車SUVをお探しなら「軽の森」へ

軽の森 店舗 外観

SUV軽自動車は、キャンプやレジャーなどに非常に便利で魅力的な車です。

しかし、車種によっては日常使いにも何ら不便は感じず、安全装置もついているため快適に運転することができます。

SUVと比べると多少パワーは劣る部分があるかもしれませんが、普通の軽自動車と比べるとパワーもあり、経済的なのは間違いありません。

多彩なラインナップのSUV軽自動車が各メーカーからさまざま発売されており、お気に入りの一台を選ぶことが出来るのです。

軽SUVに興味のある方、これから購入をご検討されている方の参考に少しでもなれれば幸いです。

軽の森では新車・未使用車・中古車を扱い、今回ご紹介させて頂いた車種はもちろん、低価格で高品質の車両をご用意しております。

ユーザー様のニーズに合ったお車をご提供させていただきます。

気になるお車がございましたら軽の森へお気軽にお電話やメールにてお問い合わせください。

軽の森 なかもず店
大阪府堺市北区長曽根町3083-10
072-240-0806

 

軽の森 泉北店
大阪府堺市南区原山台5-10-2
072-295-1777

 

軽の森 富田林店
大阪府富田林市若松町西1-1880
0721-23-8580

 

軽の森 泉大津店
大阪府泉大津市千原町2-21-16
0725-21-3900

軽の森 在庫確認

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

出典

スズキ

ハスラー/ジムニー/スペーシアギア

ダイハツ

https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/index.htm タフト/ウェイク
この記事を書いた人
営業
森田龍太郎
Ryutaro Morita
ヨシダオートサービスに入社して7年目。整備士を経て現在は営業や仕入れの業務をしています。 ブログ記事を通して自動車販売店独自の目線でお客様にお得でタメになる情報をお届けしていきます。 資格としては自動車整備学校にて二級自動車整備士を取得しております。