050-1705-4668050-1705-4669050-1705-467005017053216
ニュース&トピックス詳細
News & Topics Detail
未分類

自動車の名義変更って何?名義変更と代行依頼について徹底解説!

2021.09.15

自動車の名義変更って何?名義変更と代行依頼について徹底解説!

こんにちは!
いつも軽の森ホームページをご覧頂きありがとうございます。
中古車販売店などでお車をご購入された時や、知人からの譲渡などによりお車を所有することになった時、名義変更は行わなければいけません。
名前は聞いたことがあるけれど、詳しくまでは知らない…。という方も多いのではないでしょうか。

今回は主に軽自動車の名義変更についてみていきます!
普通車と軽自動車では、必要書類や料金など異なる部分がございますので注意しましょう。

 

目次

 ▽自動車の名義変更とは?

 ・名義変更は必要?

 ▽名義変更の手続き方法

 ・名義変更の手順

 ▽名義変更に必要な書類

 ・前日までに準備しておく書類

 ・当日運輸支局にて記入し提出する書類

 ・車検が切れていた場合

 ▽名義変更にかかる費用

 ▽名義変更の代行依頼とは

 ▽代行依頼の手続き方法

 ▽代行依頼に必要な書類

 ・申請依頼書の書き方

 ▽代行依頼の費用

 ▽最後に

 

 

自動車の名義変更とは?

そもそも名義変更とは、車の所有者に変更があった時に行う手続きのことで正式名称は「移転登録」といいます。
中古車販売店などで車を購入した場合など、車を新に所有する事になった時に行わなければいけない手続きのひとつです。


お店で車を購入すると基本的には販売店が代行して手続きを行ってくれる為、あまり馴染みのない方が多いのも仕方ありません!

名義変更は必要?

名義変更を行うには、費用やそれなりの手間がかかってきます。
その為、「名義変更はしないといけないのか?」と疑問に思う方もいらっしゃいますよね。

名義変更を行わず、所有者名義が自分と異なると自動車税の納付書が届かなかったり、車を売却・廃車する事が出来ないなど思いがけないトラブルの原因になってしまう恐れがあります。


変更があった日から15日以内に手続きを行わなければいけないと国土交通省により定められているので、
そのままほったらかしにせずに、なるべく早くに済ませておくことをお勧めします。

 

名義変更の手続き方法

大体、販売店で車を購入した場合だと販売店側が行ってくれますが、
知人からの譲渡などにより車を所有することになった場合は自分で手続きを行う必要があります。

通常、そう何度も経験する事ではないので聞き慣れない言葉の書かれた書類を見るとなんだか難しそうに感じてしまいますが
内容自体はそこまで難しいものではありません☆

大まかには、揃えた書類を軽自動車検査協会へ提出すると名義変更は完了します♪

名義変更の手順

1.名義変更に必要な書類を揃えます。

事前準備が必要な書類を一式揃えましょう。
必要書類については後ほどご紹介します。

2.軽自動車検査協会に出向き申請用紙を記入します。

ご自身の地域の管轄の軽自動車検査協会へ足を運ぶ必要があります。
軽自動車検査協会は平日の夕方ごろまでしかあいておらず
受付窓口の時間が限られているため、平日仕事などで都合のつけ辛い方は注意が必要です。

3.料金の支払いをします。

名義変更にかかる金額は、普通車か軽自動車。その他地域によっても異なってくる為
事前に幾ら必要になるのか、調べておくと安心ですね☆

名義変更に必要なお金の内訳は後ほどご紹介します!

4.新たな車検証を交付され手続き完了です。

ナンバープレートに変更がない場合には、新たな車検証を交付してもらって手続きは完了です。

管轄地域が変更前と後で異なる場合にはナンバープレートも変わる事になりますので古いナンバーの返却・新たなナンバーの交付を行い手続きが完了になります。

 

名義変更に必要な書類

名義変更に必要な書類ですが、名義変更にも内容により準備する書類が異なってくる場合がございます。

不備があると当日手続きが行えず、二度手間になってしまう恐れがあるので事前にしっかりと確認しておきましょう!

前日までに準備しておく書類

・車検証の原本

車検期限が切れていないこと。

・住民票の写し

発行日から3ヵ月以内のもの。

・ナンバープレート

管轄地域が変わってしまう場合のみ必要です。

・希望番号の予約済証

希望ナンバー希望時のみ必要です。

・字光式車両番号支持願

字光式ナンバー希望時のみ必要です。

当日運輸支局にて記入し提出する書類

・自動車検査証記入申請書

当日窓口で入手できる他、
事前にインターネットからダウンロードする事も可能です。

・軽自動車税(種別割)申告書

当日窓口で入手して提出します。
窓口付近に設置された見本を参考にして記入しましょう。

・軽自動車税(環境性能割)申告書

当日窓口で入手して提出します。
窓口付近に設置された見本を参考にして記入しましょう。

家族間での譲渡など管轄地域内での名義変更であれば、車検証と住民票の写しがあれば大丈夫。ということですね!

車検が切れていた場合

必要書類に車検証が必要であることをお伝えしてきましたが、普通車の場合その車検証は期限が切れていないものに限ります。
もし、譲渡などで車を譲りうけた場合でも車検が切れてしまった状態だと名義変更は出来ません。

軽自動車であれば車検が切れた状態でも名義変更は可能ですが、トラブルにならない為にも車検費用は前の所有者がもつのか、車を譲り受けた新所有者がもつのか事前に話し合っておくといいですね。

名義変更にかかる費用

軽自動車であれば、変更手続きの申請手数料は無料となっていますが軽自動車でも車庫証明が必要な地域であれば車庫証明の取得費用がかかる為
あらかじめご自身の地域は必要地域であるかどうか確認しておくことをお勧めします。

▽車庫証明についてはこちら▽
 https://keinomori.com/news/shakoshoumei/

 

ナンバープレート代は2000円程度ですが、希望ナンバーの場合は4000円以上と割高になります。
字光式プレートの場合も同様に費用が高くなりますので注意しておきましょう。

 

名義変更の代行依頼とは?

先ほど、自分で手続きを行う必要があると述べてきましたが、
慣れない手続きで、しかも平日の夕方までしか手続きが行えないとなると
提出書類に不備があった場合など何度も足を運ぶことは難しいですよね。

そういった面倒な事を代行してくれる業者もあり、
ご自身で行うよりも負担する費用は大きくなってしまいますが時間をつくるのが難しい場合や、慣れない手続きに煩わしさを感じられる場合には
代行依頼を利用するのもひとつの手段としてお勧めです!

 

代行依頼の手続き方法

代行依頼を利用する。と決めた場合次に決めなければならないのは「どこの業者に依頼するか」です。

代行業務を行ってくれるのは大きく分けて3つ。
行政書士・自動車整備工場・自動車販売店があげられます。
それぞれに代行可能な手続き内容や金額に違いがある為、住民票の取得から代行を依頼するのか。
名義変更にナンバープレートの変更も含まれるのか等事前に依頼内容を明確にして依頼業者を探すようにしましょう。

行きつけの自動車整備工場や販売店に依頼する場合はそのままその旨を伝えれば手順を教えてくれますが
馴染みの行政書士。というのはなかなかありませんよね。
普段あまり馴染みのない上に行政書士事務所も数多くある為、選ぶ事が難しく感じられるかもしれませんが
しっかりと内容を確認して、疑問を残さずに納得できる業者を選ぶ事が後の後悔に繋がらない大切なポイントです。

 

代行依頼に必要な書類

代行依頼を利用する場合、ご自身で手続きを行う時には必要なかった「申請依頼書」が必要になります。

その他はご自身で行う場合と同様に、車検証の原本・住民票の写し。必要に応じてナンバープレート等が必要です。

申請依頼書の書き方

代理人氏名・住所

代行依頼業者の情報を記入します。

車両番号・車台番号

名義変更を行う車両の情報を記入します。

使用者氏名・住所

新な車の使用者の情報を記入します。

前所有者・住所

以前の所有者の情報を記入します。

※新な所有者欄は、譲渡などローンが絡んでいない場合と販売店から購入した場合のローンを組む場合とで異なってきますので注意が必要です。

※2021年より国土交通省関係政令の一部改正に基づき印鑑が不要となりました。現在軽自動車の名義変更には印鑑を用意する必要はありません。

 

代行依頼をする事になると必要な申請依頼書ですが、
申請依頼書は代行してくれる業者が主となり書き方を教えてくれる為私たちが1から10まで記入する必要はありません。

申請依頼書とはこういうもの。程度に認識していればやり取りもスムーズになりますので確認しておく程度でいいでしょう♪

代行依頼の費用

費用の面でみると、代行依頼はどうしても自分で行うよりも割高になってしまいます。

金額はそれぞれ、行政書士に依頼するか自動車整備工場・販売店などどこに依頼するかによっても大きく異なり
代行内容(管轄内での変更なのか、車庫証明の取得・ナンバープレートの取得が必要なのか)にもより差は大きくなってきます。

おおよその目安では1万円~3万円となっています。
安い額ではありませんが、軽自動車検査協会に出向く時間を造れない方や慣れない手続きに不安を抱いてしまう方には、ひとつの手段であるといえますね。

自動車整備工場や販売店に依頼をご検討される場合には、
どこの整備工場・販売店でも行ってくれるわけではないので事前に確認しておきましょう。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。
名義変更は車を所有するにあたり必要な手続きです。

ご紹介してきた手順をふむと車検証の名義は晴れてご自身の名前が記されることになりますが
自動車任意保険などの名義変更なども忘れる前に同じタイミングで済ませておくといいでしょう♪

なるべく費用を安く済ませたい方や、平日にまとまった時間をとる事が難しくない方はご自身でチャレンジしてみるのもお勧めですよ。
反対に、仕事の都合など平日時間がなかなかとれない方や慣れない手続きにストレスを感じてしまう場合には代行依頼を利用すると自分の時間を取られずに手間も省けるので適しているといえますよね☆

ご自身で変更手続きを行う手段も、代行依頼を利用する手段もどちらもメリット・デメリットがありますので
無理のないよう、ご自身に合う方法を選んでください☆

 

軽の森は南大阪にある届出済未使用車専門店です。
低価格でもより高品質な国内オールメーカー全てのお車を数多くご用意しており、
新品同様なお車をお得な価格でご購入いただけます♪

もちろん購入希望の車種が決まっていなくても構いません!
知識豊富なスタッフが丁寧にお車選びのお手伝いをさせていただきますので
気になる車種・悩んでいる車種がございましたら、是非車の森に気軽にお電話やメールにてお問い合わせくださいませ。

軽の森の在庫はこちらからご覧いただけます↓↓
 https://stock.keinomori.com/usedcar/usedcar_result.php

 

出典

軽自動車検査協会

( https://www.keikenkyo.or.jp/index.html

 

 

関連サイト

ヨシダオートサービス 車の森 軽パーク マッハ車検 洗車の王国
トップへ戻る