050-1705-4668050-1705-4669050-1705-467005017053216
ニュース&トピックス詳細
News & Topics Detail
未分類

軽自動車の安全性は大丈夫?衝突耐性やその他の性能について解説します!

2021.08.19

軽自動車の安全性は大丈夫?衝突耐性やその他の性能について解説します!

こんにちは!いつも軽の森ホームページをご覧頂きありがとうございます。

軽自動車はリーズナブルで維持費も安いとされている為、新車中古車市場でもかなり需要が高まってきています。
その反面、衝撃などに弱いのではないか、など安全性は大丈夫?と心配する声も少なくありません。

しかし軽自動車の安全性能は以前に比べると高くなっていると言われています。
ひとくちに安全性能と言っても大きく分けて2つあり、「衝突する前の安全性能」と「衝突してからの安全性能」です。

 目次

 衝突する前の安全性能
 衝突してからの安全性能
 

衝突する前の安全性能

自動ブレーキのイメージ

代表的なのが自動ブレーキなどと呼ばれる衝突被害軽減ブレーキです。
障害物を察知して追突の危険が高まると、音や警告灯などで警告。
衝突が避けられないと判断すると車が自動的にブレーキをかけて減速し、衝突被害の軽減を図ります。

次に誤発進抑制機能で、前後の障害物がある状態でアクセルを踏み込もうとした時に音で警告、エンジン出力を自動的に抑制したり、ブレーキをかけたりして衝突を防ぎます。

車線免脱警報(抑制)機能といって、走行中に車線からはみ出しそうになるとブザー音などの警報によって注意を促し、また車種によっては車線内へ戻るようにステアリング操作をアシストしてくれる機能もあります。

衝突してからの安全性能

車両事故のイメージ

どんなに気を付けて運転していても事故に巻き込まれる事はないとは言い切れません。
万が一衝突した際に乗員を守ってくれるのがエアバッグです。

エアバッグはある一定の衝撃を感知すると膨らみ、ハンドルやドアなどにぶつかるのを防いでくれます。
最初は運転席のみでしたが、助手席用が登場。サイド、カーテンエアバックも一般的になってきています。

また、1993年に道路運送車両の保安基準が改訂され、1994年4月以降に発売される新型車には前面衝突試験が義務づけられたことを受け、自動車メーカー各社が衝突安全ボディを採用しております。

 

以上のことから基本的な安全性能は軽自動車も普通車と変わりないモデルも増えたと言えます。
ただし安全性が高いからといっても機能や耐久性を過信しすぎない事も大事です。
安全性能も使いこなしながら、自分自身と大切な家族を守るために安全運転に努めることが最も大切です。

安全装備やボディの設計などの技術は日々進歩しているので、安全性が高い軽自動車を購入するには、現行型から選ぶのが良いでしょう。
また、同じ安全性能でもメーカーによって呼び方が異なったり、機能が違ったりするので購入時によく確認しましょう。

 

軽の森では国産のオールメーカーをお取り扱いしており、知識豊富なスタッフがしっかりとお車選びのお手伝いさせて頂きます!
気になる車や比較したい車種がございましたらお気軽にお越し下さい!

 

軽の森の在庫はこちらから↓
軽の森の在庫を見る

最後までお読み頂きありがとうございます。

関連サイト

ヨシダオートサービス 車の森 軽パーク マッハ車検 洗車の王国
トップへ戻る